Home

映画『救いたい』

Menu

川島隆子(鈴木京香)は仙台医療センターで麻酔科医長を務める優秀な麻酔科医。夫の貞一(三浦友和)も医師であり、仙台市内に川島医院を開院し、立場は違えど医者同士、お互いの仕事を尊重しながら夫婦二人で仲睦まじく暮らしてきた。そして2011年3月11日、あの未曾有の震災が起こった。その後、貞一は川島医院を無期限の休診にし、被災地で地域医療に従事するため診療所を立ち上げる。そこにはあの日を乗り越えて少しでも前向きに生きようとしている人々の笑顔があった。

隆子の部下である若い麻酔科医・鷹峰純子(貫地谷しほり)。彼女は震災で唯一の肉親であった父親を亡くしそのトラウマから抜け出せないでいた。父親の探索時に純子と出会った自衛隊員の三崎大樹(渡辺大)は純子に恋心を抱いている。お互いに心惹かれ合っているのだが、大樹と会うと純子は父親のことをまざまざと思い出してしまい、どうしても彼を受け入れることができずにいた。

山間の農家で義母・ふみ江(藤村志保)と慎ましく暮らす川島診療所の看護師・吉田美菜(中越典子)もまた心に傷を負っていた。持ち前の明るさで、誰にでも接する美菜であったが、心のうちは夫を失った悲しみに満ちていた。そんな美菜に、ふみ江も打ち明けられない悩みを抱えている。

そして貞一の友人である岸義行(津川雅彦)は壊滅した水産工場を息子と二人で立て直し、また伝統の祭りを復活させようと苦心している。

仙台医療センターの医長として様々な病状と多くの患者の手術を受け持ち、被災地に赴いては地域医療に孤軍奮闘する夫を女房として支える日々の隆子。実は、隆子にもかつて乗り越えなければならなかった悲しい出来事があった。それを乗り越える力を与えてくれたのは、隆子の仕事が「医者」であること。そして医者の本分をまっとうすることだった。

悲しみや厳しい現実を受け入れながら、それを乗り越えようとする人々。今を生きる、心やさしき人々のドラマが、交錯する—。

Up